スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←メンター →無条件の愛
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【メンター】へ
  • 【無条件の愛】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

我が家の心理学

本領を生かす

 ←メンター →無条件の愛
道をひらく
ふと入ったコンビニに並べられていた「道をひらく」

46年前に出版され累計500万部を超えるパナソニック創業者松下幸之助氏のベストセラーだ。

昔、実家にもあったなあ、と懐かしく読み返してみることにした。

昭和40年代、終戦の混乱を乗り越え、高度成長期のまっただ中で、一経営者として、一社会人として、一国民として、日本人の心の繁栄を願い、後世に伝えようとした思いが一頁一頁から伝わってくる。

********
松の木に桜を求めるのはムリ。牛に馬のいななきを求めるのもムリ。
松は松、桜は桜。牛は牛であり、馬は馬である。
・・・・(中略)・・・・
個々に完全無欠でなくとも、それぞれの適性のなかでその本領を活かし、
たがいに与え与えられつつ、大きな調和のなかに美とゆたかさを生み出しているのである。

「本領を生かす」より
********

そうそう、と、思わず声がでそうになる。

桜の美しさが大好きな私はだれにでも桜を求め、馬の速さに憧れる私は誰にでも馬を求め、よく失敗したものだ。

自分に対しても、他人に対しても、我が子に対しても。

みなそれぞれに、それぞれの人生を歩んでいくから美しく、豊かなのだと、今ならわかるのだけど。

皆が同じファッションに身を包み、
ゲートが開けば、全速力で走ることを強いられた世代の因果かな。

  • 【メンター】へ
  • 【無条件の愛】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【メンター】へ
  • 【無条件の愛】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。