FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←FMT音楽療法ワークショップ →公認心理師法案成立にむけての課題 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【FMT音楽療法ワークショップ】へ
  • 【公認心理師法案成立にむけての課題 】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

MY臨床発達心理学

公認心理師資格実現にむけて

 ←FMT音楽療法ワークショップ →公認心理師法案成立にむけての課題 
DVC00320.jpg

心理職の国家資格化にむけて大きな山場が訪れている。

これまで様々な団体が長い年月をかけて話し合ってきた結果が、「公認心理師」法案としてまとまり、この6月16日に国会に提出され、6月18日に法案の説明会が行われたのだ。

心理職の国家資格化に関しての流れは、かつては医療系の心理士資格と臨床心理士系の資格との二資格一法案として国会提出を目指していたが、議論を重ねる中で双方の歩み寄りがあり、一法案一資格としての合意が得られ、念願の法案提出に至ることができた。→「公認心理師法案」

法案を読むと我が国における心理職の社会的役割とその責任を改めて自覚させられる。

残念ながら、審議時間が足らず、決議は秋の臨時国会に持ち越されることになったため、この夏には反対派の動きが活発化してくる可能性もある。

一部の反対派の動きが、この大切な流れを阻害してしまうことがないように、心理職関連団体はこの夏に国家資格化に向けての研修会を実施することとなった。

将来的に心理師国家試験を実施することを目指して設立された「日本心理研修センター」は所属団体位かかわらず、心理職に携わる人が参加できる講習会を随時開催している。

近々では7月12日に国家資格に関する説明会が文京区で開催される。この説明会にできるだけ多くの現役心理師が参加することで、この法案を多くの心理士が望んでいるのだということを示すことができる。

秋の国会での公認心理師法案成立へとあと一歩だ。


  • 【FMT音楽療法ワークショップ】へ
  • 【公認心理師法案成立にむけての課題 】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【FMT音楽療法ワークショップ】へ
  • 【公認心理師法案成立にむけての課題 】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。