スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←心の金メダル →外部専門家10年目
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【心の金メダル】へ
  • 【外部専門家10年目】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

MYアニマルセラピー

原点回帰。

 ←心の金メダル →外部専門家10年目
P1040738.jpg
息子と娘が作った空の雪像。雪は人を童心に帰してくれる。

今年のnew year's resolutionは原点回帰。
昨年はこれまでの人生の毒出しを十分に行ったので、欲を出さずに一から出直したいものだ。

しかし、「原点に戻る」とはいっても、何を心がければよいのか?
年明けから2か月以上、色々と考えてみて、一つの答えに到達した。
それは「評価しないこと」だ。

物心ついたときから、私の心の中には「誰かを評価する自分」と「誰かから評価される自分」が巣作っている。

華やかで優秀な友人や先輩をみてすごいなと思うと同時に「自分はまだまだだな」と自己卑下してしまう。

他者への憧れや羨望、そして社会的承認や自己実現への欲望は青年期の成長エネルギーだった。

十分に成長したはずの今でも、自分の置かれた環境に満足できず、なんとなくいつも不満で、気持ちが落ち着かない。

心の中で出来上がった理想像は私の価値観であり、心の支配者でもある。

その支配者から求め続けられている私は同じように周りの人たちにもいつも何かを求め過ぎてしまう。

それで思い通りにならずイライラしてしまうときには、

「そうだ、評価しないようにするんだったよな~」
と肩の力を抜いて、空のように頭をぶるんと振ってみる。

数分前まで頭の中でぐるぐる回っていた悩みがふっとんでしまうから不思議だ。

そうそう、目の前の餌だけに集中している空を見習えばいいんだな。
1796706_735728586452428_1663815756_n_20140223102848d11.jpg

P1040761.jpg

  • 【心の金メダル】へ
  • 【外部専門家10年目】へ

~ Comment ~

評価・・その大事さと行き過ぎの窮屈さ。

 自分を掘り起こしてみて、深層心理下では存在するのでしょうけれど 日々の意識下では「誰かを評価する自分・誰かから評価される自分」が私の感覚では見出せないのです。・・何かこれの方が社会人・大人として足りなんだよなぁ・・と自分では思っています。小学校教師ですので 成績表記入は「仕事」として『今のところのこういう状態を表してます。』
と行っては来ましたがどうにも申し訳ないようないたたまれない後味の悪さばかり残ってました。自己評価でのフィードバックで自己の形成や他への見方も「評価的」に行うことで広がったり深まったりもするのでしょうけれど、いつも評価する・されるだけと感じてしまうのはのんびり、リラックスは難しいかもと考えてしまいました。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【心の金メダル】へ
  • 【外部専門家10年目】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。