スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←こころざし →トレーナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【こころざし】へ
  • 【トレーナー】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

MYアニマルセラピー

好きなことを仕事にする

 ←こころざし →トレーナー
s-P1020090.jpg
今日は愛犬の空と出勤。

以前は、1時間もするとワンワン吠えて、家に帰りたがっていた空ですが、最近は夕方までクリニックで過ごせるようになりました。



さて、日本総合的セラピー研究会全大会が無事に終わりました。

特別講演の原敬一先生のお話は、高等学校動物関連学科におけるキャリア教育に10年間取り組まれてこられた教育実践の内容と、卒業後の生徒たちの進路選択についての大変貴重なデータに基づく貴重な報告でした。

「動物が好きだから、動物に関連した仕事に就きたい」という生徒たちの思いが、キャリア教育の中でどのように成長し、変化していくのか、また、卒業後のキャリアにどうつながっていったのか。

原先生は2001年度から2010年までの10年間に卒業した生徒たちの進路と現在の職業生活についてのアンケートを実施され、卒業生の半数くらいが動物関連の仕事を希望するが、実際に関連職業に就いた生徒は2割程度であったことを示されました。

その進路分析では、動物関連の仕事に就くためには、高等学校卒業後に動物関連の専門学校あるいは大学に進学したほうが有利であるが、地方には動物関連の学校はほとんどなく、仕送りや授業料などの経済的な負担が多くなることで、断念せざるを得ない状況もあるというお話もありました。

しかし、動物関連の職業につく、つかないにかかわらず、生徒たちが大好きな動物に囲まれた学校生活を通して、毎日の仕事を丁寧にこなし、人とかかわる力や生命の尊厳を学ぶ中で、働くために必要な基礎力をはぐくんでいくことがキャリア教育の目指すところである、と原先生は締めくくられました。


「好きなことを仕事にする」

たしかに、このようなキャッチフレーズは、多くの若者の心を刺激することでしょう。

しかし、実際に仕事に必要な能力は、特定の領域に関する興味や技能だけでなく、学力、体力、協調性、コミュニケーション能力など、基礎的な力の結集であり、それはどのような職業であってもある程度共通するものでもあるでしょう。

また、長い人生の中で、「興味や関心」というものは移り変わっていくことがありますが、働くための基礎的な能力は経験によって積み上がっていくものであると思います。

その核の部分が「キャリア教育」が目指しているものなのでしょう。

総合的セラピー研究会のメンバーの多くは、すでに自分の興味のあることについては一定の経験を積んでいる専門家の集まりですが、自分の専門とは異なる領域との出会いによって、自らの支援の可能性が広がることを確信しているのだと思います。

好きなことを仕事にしたとしても、、、まだまだキャリア教育は続きます。

→総合的セラピー研究会HP

  • 【こころざし】へ
  • 【トレーナー】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【好きなことを仕事にする】

s今日は愛犬の空と出勤。以前は、1時間もするとワンワン吠えて、家に帰りたがっていた空ですが、最近は夕方までクリニックで過ごせるようになりました。さて、日本総合的セラピー研究会全大会が無事に終わりました。特別講演の原敬一先生のお話は、高等学校動物関連学科?...
  • 【こころざし】へ
  • 【トレーナー】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。